原因を把握して症状と向き合う【うつ病になる原因】

色々な要因が関わっている

看護師

色々な方法で治療する

うつ病は目に見えない病気なので、素人が簡単に診断することができない病気です。病院を受診すると医師の診察を受けますが、診察はその時の話を聞くだけでなく、他の要素も考慮して総合的な視点で判断をします。例え、その時に眠れない日々が続いたとしても、それですぐにうつ病という診断を出すわけではありません。うつになるのには色々な原因がありますが、何かひとつのことがきっかけになる場合よりも、色々な原因が複雑に絡みあって発症することが多いと考えられています。診断を出すためには、その時に起きている症状だけでなく、今までにどのように育ってきたかという生育歴を調べます。これは育ってきた環境がうつ病の発症になんらかの関係を及ぼしていることが多いからです。他にも今までにかかったことのある病気も調べます。一度うつになったことがある人は再発しやすいという特徴があります。他には体の状態が原因となって精神的な症状を起こしている可能性もあるからです。特に関係が大きいのが脳や神経の病気で、これらの病気にかかっている時にはうつと似たような症状が起こることもあります。他にも体の調子が悪いことがストレスとなり、精神的な症状が出ることはよくあることです。例えば胃が痛くて眠れなくなるという症状などです。また医師は診察をする時に患者の表情や服装など、その人がどのような生活を送っているのかまでチェックしています。言葉にすることはなくても、その人を見ると普段の様子がわかることがあるので、そういったことも診断の判断材料になります。うつ病の治療は内服治療が中心になるので、診断名が決定した後には抗うつ剤が処方されるでしょう。抗うつ剤はいくつかの種類に分かれていますが、診察をした医師が症状を聞き、特に不快に感じている症状がなくなるよう、服用する抗うつ剤を決定します。発症した原因がはっきりしている場合には、原因を取り除くような努力も必要です。職場でのストレスが大きく発症につながっていると感じられる時には、仕事を休むということも治療のひとつになるでしょう。うつ病の治療は抗うつ剤を服用することが中心になりますが、薬を飲むだけではなく生活そのものを整えることも大切です。夜に眠れないようであれば、夜に眠れるように生活リズムを整えたり、場合によっては睡眠導入剤を使用したりします。食事が摂れなくなっている時には、食べやすいものから少量ずつ食べるように工夫しましょう。生活を整えるだけで、うつの原因となっている脳内環境の乱れを整えることができるので、薬の服用と同時に行うと効果的です。抗うつ剤の効果は服用を始めてすぐに出るわけでなく、早くても2週間ほどかかると言われています。その間に生活を整えるような努力も同時にしておくと、薬の効果もあらわれやすくなります。しかし、大切なことは無理をし過ぎないことなので、すぐに生活全てを変えないようにすることも大切です。うつ病になる人は頑張りすぎる傾向にあるので、無理をし過ぎないということも常に考えておきましょう。また発症の原因かもしれないと考えられるものは、できるだけ排除していくようにします。