原因を把握して症状と向き合う【うつ病になる原因】

色々な要因が関わっている

看護師

うつ病ははっきりとした原因がなくても発症する病気で、色々な原因が複雑に絡み合って関係してきます。うつ病の治療は抗うつ剤の内服が中心になりますが、発症原因となっている可能性のあるものを取り除くことも大切です。

詳しく見る

精神疾患の治療と対策

男性

うつ病を治療するためには、実績があり、信頼できる病院を探すことが大切です。また、治療は原因を探り心のケアをはかるカウンセリングと、症状を緩和する抗うつ剤が中心となります。完治には時間がかかるので、根気強く治療を行うことが重要になります。

詳しく見る

性格が関係している

カウンセリング

うつ病になる人にはなりやすい性格というものがあり、几帳面な性格が原因で発症することもあります。そういった性格の人は自分は発症リスクが高いという自覚を持ち、体調が悪い時には早めに受診するようにしましょう。

詳しく見る

市販薬の使い方

医者

性格以外に環境も関係する

うつ病になる原因は色々なものがありますが、その中のひとつに睡眠不足もあげられます。うつ症状のひとつに睡眠障害があるので、発症してから眠れなくなったという人も多いようです。しかし発症前に睡眠不足の状態が続いていることで、疲れを解消できていないと、それが原因のひとつとなってしまうこともあるので注意が必要です。うつ病になって内服治療が開始されると抗うつ剤の服用が始まりますが、それ自体に眠りにつきやすくする効果のあるものもあります。またうつの状態がよくなっていくことで、徐々に眠れるようになるということもあるでしょう。しかし中には抗うつ剤だけではしっかりと眠れないという人もおり、そういった場合には睡眠導入剤のような眠りを助ける作用のある薬も使用されます。こういった薬はドラッグストアなどで市販されているものもあります。病院で処方されるものと市販されているものの違いは、主には効果の大きさです。病院で処方されるものは効果が強いものが多く、市販薬は効き目が穏やかなものが多くなっています。うつ病だと診断される前に市販薬を使っていた場合には、主治医にその旨を伝えておく必要があります。それは今後抗うつ剤を服用する時に同時に飲んでもいいかを確認しておく必要があるからです。抗うつ剤を服用する時には処方されている薬以外に使用している薬がある場合には忘れずに医師に伝えておきましょう。そして病院で処方された薬がある場合には自己判断で市販薬を使うと、副作用が強く出てしまう可能性もあります。市販薬を使用する場合には医師に相談をしてからにしましょう。うつ病は誰でもかかる可能性のある病気ですが、なりやすい体質や性格があると言われています。基本的には完璧主義で真面目、ストレスをため込んでしまうような人がなりやすいとされています。しかし実際には、そういった性格の人以外でも、大きなショックを受けるような出来事があった時に発症する可能性があります。また疲れが蓄積している時など環境的な要因がきっかけになることもあります。つまりうつ病はひとつの原因があって発症するものではなく、いくつかの要因が複雑に関係しあって、何かのきっかけが原因で発症すると考えておいたほうがわかりやすいでしょう。そのため、うつ病になる可能性があるという要因を出来るだけ避けることで、リスクを下げることができるとも考えられます。例えば、もともと神経質な性格で発症しやすい体質の人は、できるだけ疲れを溜めこまないように気をつけたりすることが効果的です。同じような毎日を過ごしていても、疲れている時はストレスがたまりやすく、精神的な負荷が大きくなります。性格的にストレスをためやすい人は、自分でそれを自覚しておき、ストレス解消を意識的に行うことも必要です。ストレスは目に見えないものなので、どれくらいたまっているのかがわかりにくいという特徴があります。またそれを測れるのは自分自身だけだということもあるので、自分でコントロールしていくことが発症予防につながります。うつ病はどうしても避けられない場合もありますが、早めに気付くことで早く治療が開始できるというメリットがあります。常に自分の状態を把握するように努めましょう。